そもそもモチベーションもやる気もいらない。

>> このページの主旨はこちら

モチベーションが続かない、やる気が出ないといった事で悩んでいるという話をたまに聞きます。モチベーションもやる気も最初の頃はあったのに、何故それが続かなくなるのか?

このテーマは以前から僕も興味があり、自分自身も悩んできたので気持ちがよくわかります。それこそ自己管理について勉強し、様々な手法を取り入れ試行錯誤をしてきました。

それら手法を試しそれなりの効果は上げてきましたが、それら経験を踏まえ現在思うのは、そもそも“モチベーションを上げよう!”とか“やる気を出そう!”といった考え方自体が間違っているのでは?という事です。

人から強制されなくても自ら動く人達。

なぜなら、人は“本当にそれがやりたい事だとしたら、強制されなくてもやってしまうもの”だからです。

極端な例で言うと、マラソンやトライアスロンなどに参加する人達。この人達は誰かから「やれ!」と強制された訳でもなく、自らの意思で参加する人がほとんどだと思います。(強制されていたら、どんな罰ゲームだよ(笑))

他には、何か新機種が出る度に早朝、寒いなか並んでまで購入しようとする人達。昨晩から並んでいます!みたいな強者もいますよね^^; この人達も買い占め目的といった例を除いては自らの意思で並んでいると思います。

身近な例でも、パチンコ店で開店前から、人の列が出来ているといった光景などもよく見かけたりします。

他にも、会社から帰って疲れているにも関わらずゲームを何時間も夢中でやってしまったり…。

これらは別にやらないとしても、何も罰を受ける事はなく、誰から怒られるという事もありません。逆に辞めろと言われてもやってしまう!やらない事が我慢出来ない〜!といった状態ではないかと。

これらの人に共通しているのは、単純に“それがやりたい!それが欲しい!”といった欲求なのではないでしょうか。

もっとシンプルに言うと、それが“好きだから”とか、それ自体が“楽しいから”という単純な理由が原動力なのだと思います。

本心からやりたいと思うことには、モチベーションや、やる気とかいらない。

トライアスロンやマラソンに挑戦し続ける人も、自らが「どうしてもやりたい!」と思うから、他人からみたら過酷に見えるトレーニングもやり続ける事が出来るんだと思うんです。早朝の寒空のなか並べる人達も、「それがどうしても欲しい!」と思うから、他人からみたら過酷に見えても並ぶ事が出来るのだと思います。

この人達にモチベーションっている?? やる気とかいる?? 既に全開じゃん!!(笑)という状態ですね。

仕事でもエネルギッシュに楽しそうにこなしている人は、“自分がこの仕事をやりたいから”という欲求が原動力だったりします。

なので、モチベーションが続かない、やる気が出ないといった悩みの原因は、“そもそも、やりたいことじゃない”という事で、そんな時は、そもそもそれ本当にやりたい事??と疑ってみるタイミングなのだと思います。

ただ、そうは言っても問題なのは“やりたくないとしても、やらないといけない”という状況がいくつもあること。サラリーマンなどはまさにですね。仕方ない事があるのも事実。また、趣味と仕事を一緒にするのはどうかと思う人もいると思います。

でも、一旦「ああ、そうか!自分はこれやりたくないんだ」という事を受け入れるというところに立ち、その上で自分はどうするかを考える事が次の一歩に繋がると僕は思うんですね。

自分と対話してみること。

他人の事は客観的に見えてわかるのに、自分の事はてんでよくわからない。そんな事はよくある事です。

だからこそ、“一度立ち止まり自分自身と対話してみる事”が大事なのではないかと。

自分が本当に望んでいることは何か?本当にやりたいことは何か?何をやっている時が楽しいか?

こういった自問自答をしてみる事で、では今の状況でどうするか?何を変えていくのか?といった、打開策のヒントが出てくるのだと思います。

ブログランキングに参加してます。ワンクリック頂けると嬉しいです。⇒ Ranking

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です